内視鏡内科・胃腸内科


クリニックの理念

「安心」「安全」「丁寧」な内視鏡検査を提供いたします。

安心

当院では、生体モニターを装着した上で麻酔薬を適量投与して眠っている間に大腸内視鏡検査を実施します。特に、お腹の手術歴のある方や婦人科疾患(子宮や卵巣の病気)のある方、虫垂炎(いわゆる“盲腸”)や大腸憩室炎を患ったことのある患者さんは、大腸が癒着しています。そのため、麻酔なしで検査すると非常に痛くて辛い検査となります。もちろん、麻酔なしでも『検査中、全く何も感じなかった。』と言われる患者さんもたくさんおられますが、"大腸の癖"は実際に内視鏡検査をしてみないとわかりません。また、内視鏡操作に影響する要素は、大腸の癒着以外にも、もともと大腸が非常に長い方や曲がりが強い方など、大腸の形は人それぞれです。

一度でも大腸内視鏡検査で痛くてつらい経験をすると、それがトラウマとなり、大腸内視鏡検査を受けたくなくなってしまいます。これらの理由から、当院では全例麻酔を使った大腸内視鏡検査を推奨しています。胃カメラについても、ご希望により麻酔で眠っている間に検査を実施しますので、お気軽にお申し付け下さい。

安全

大腸内視鏡検査をするにあたって、安全上、注意すべき点があります。大腸内視鏡検査をする際に発生する重篤な偶発症のほとんどは、内視鏡検査の最中や検査後に起こるのではなく、内視鏡検査を始める前に前処置として飲んで頂く下剤内服中に発生します。具体的に説明すると、大きな進行大腸癌があり、腫瘍により大腸が細くなっていて、便の通りが悪い状況下で下剤を内服すると大腸が詰まってしまい腸閉塞を起こします。最悪の場合、大腸が破裂して死亡する事があります。

その様な状況を予測して回避するためには、非常に古典的な手法ですが、詳細な問診と腹部診察が非常に大切になります。その為、当院では大腸内視鏡検査を予約する前に、必ず一度、外来で診察を受けて頂き、腸閉塞を起こす可能性がないかなどを確認してから、大腸内視鏡検査の予約へと進みます。もし外来診察の結果、そのような偶発症を起こすリスクが高いと判断された場合や基礎疾患の状態によっては、患者さんの安全を考慮して、入院加療が可能な病院へご紹介させて頂きます。

丁寧

欧米では『がんになる可能性のあるポリープは全て除去してポリープがない大腸(clean colon)』を推奨しています。当院では、欧米のガイドラインに準じた内視鏡検査を実施していますので、ポリープの大きさにかかわらず、大腸がんになる可能性のあるポリープ(腺腫とSSA/P(sessile serrated adenoma/polyp))は全て除去して"clean colon" を目指します。麻酔薬や鎮痛剤を使用して痛みのない検査をすることは、いたって簡単です。麻酔薬や鎮痛剤を注射すれば、内視鏡スキルの上手・下手にかかわらず、誰でも簡単に痛みを取り除くことは可能です。一般的には「苦痛無く、短時間に検査を終えること」に高い評価が与えられます。なぜなら、患者さん自身が実感として感じ取れることは、「苦痛の有無」と「検査時間の長さ」だけだからです。しかし、果たして“「苦痛なく、短時間に終わる」ことが内視鏡検査の“真の目的”なのでしょうか?本来の内視鏡検査の目的は、病気の早期発見と早期治療です。つまり、一番大切なことは内視鏡検査の「精度」です。いくら「楽チンでアッという間に検査が終わった」としても、「見落としだらけの検査」では全く意味がありません。

米国の研究では「癌になる可能性のある腺腫(良性ポリープ)を内視鏡で切除すると、大腸癌になる率を76~90%防ぎ、死亡率を53%減らせた」としています。また別の研究報告では、「大腸内視鏡検査を受けていたにもかかわらず、後に大腸癌になったケースが約6%あり、その58%は内視鏡検査時の病変の見落としだった」と報告されています。実際、これまで私が大学病院で内視鏡検査を行ってきて、明らかに「見落し」と思われるようなポリープをたくさん見つけてきました。しかし、あまり「見落とし」について大々的に取り上げられる事はありませんでした。なぜなら、見落としがあったと科学的に立証することが困難だからです。しかし、経験豊富な内視鏡医が見れば、「あの病変は前回の内視鏡検査で見落とされていた」と感覚的にわかります。つまり、内視鏡検査は「どこの病院でしてもらったか」よりも「どの内視鏡医に検査をしてもらったか」で検査の精度が全く異なります。実際、これらの事実を裏付けるような報告が米国の論文よりなされています。その論文では「腺腫発見率(adenoma detection rate: ADR)が7.4~52.5%と内視鏡医によってバラツキが大きく、 ADRが1.0%低下すると大腸内視鏡検査後6カ月~10年の間に大腸癌と診断されるリスクは3.0%上昇する」と報告されています。簡単に言うと、もし、早期の段階で発見されていたら、外科手術を回避できた病変が、内視鏡医の見落としにより発見が遅れたばかりに外科手術を余儀なくされたような状況を示しています。このような事実を踏まえて、当院の内視鏡検査では「高い精度」を担保することを最重要課題としました。

一般的に内視鏡医が行う大腸内視鏡検査において,1個以上の腺腫が発見される割合(腺腫発見率:ADR)は大腸内視鏡検査の質の指標として提唱されており、男性患者では25%以上,女性患者では15%以上が質の適正な指標とされています。ちなみに、当院長のADRは74%(2020年度実績)ですので、いかに高い精度で内視鏡検査を実施しているかご理解頂けるかと思います。たとえ、テレビ番組に出てくるようなゴッドハンド(神の手)と呼ばれるような著名な大腸内視鏡医であっても、時間をかけずにサッと内視鏡を抜いてしまえば、見落しが発生します。逆に、内視鏡経験が1000例に満たない見習い内視鏡医であっても、十分に時間をかけて丁寧に観察を行えば、見落しのない正確な観察が可能です。要は、内視鏡医のテクニック云々以上に「絶対に見落とさない情熱と熱意」にかかっているといっても過言ではありません。

当院では、観察に十分な時間をかけて、大腸のヒダを一つずつめくるように丁寧に観察して、小さなポリープを見落とさないように細心の注意を払って観察します。また、 NBI(狭帯域光観察:Narrow Band Imaging)という特殊な波長のモードで丁寧に大腸全体を観察する為、観察だけで20分前後かかります。つまり、挿入時間を含めると、トータルの検査時間は25〜30分程度かかることになります。また、同時にポリープ切除を実施する場合には、ポリープの数や大きさにもよりますが、30〜60分前後かかります。検査時間に幅があるのは、大腸は人によって個人差が非常に大きい臓器だからです。また、見つかるポリープの数も1個から20個以上と人それぞれです。実際にどれくらい時間をかけて検査を行ったかについては、内視鏡写真に時刻が記録されていますので、麻酔で眠っていたとしても、患者さんご自身で検査時間を確認することが可能です。

当院では、院長がベストのコンディションで集中力を切らさずに、1日に実施できる内視鏡の件数を逆算した予約枠しか作成しておりません。その為、院長が1人で1日に実施できる内視鏡検査数には限りがありますので、患者様には順番待ちをお願いすることがあると思いますが、ご理解いただけますようお願い致します。

Copyright(C) あんどう胃・大腸内視鏡クリニック All Rights Reserved.