内視鏡内科・胃腸内科

腹部超音波検査のながれ

診察室へ入って頂き、まずベッドに仰向けに寝て頂きます。そして、上着はみぞおちのあたりまで捲り上げて頂き、ズボンやスカートは腰骨あたりまで下げて頂きます。検査部位にゼリーを塗り、超音波装置を当てながらモニターで臓器の形態などを観察していきます。観察しやすくするため、深呼吸や息こらえを何度か繰り返して頂きます。また、エコー画像を見やすくするため、お部屋は暗くして検査を行います。

※苦痛は一切ありませんのでご安心下さい。また、CT検査のような放射線被曝もありませんので、若年女性でも安心して検査を受けて頂けます。

注意事項

検査前は食事を取らないでください。
午前の検査では朝食を、午後の検査では昼食を抜いてください。
また牛乳などの脂肪分を含む飲み物も控えてください。
我慢できる範囲で尿を溜めておいてください。
(尿が溜まっていないと、膀胱、前立腺、子宮、卵巣などの骨盤腔臓器は観察出来ません。

Copyright(C) あんどう胃・大腸内視鏡クリニック All Rights Reserved.