内視鏡内科・胃腸内科

はじめに

胃がんの99%はピロリ菌の感染が原因と考えられています。ピロリ菌を除菌することで胃がんの発生を減らせることが明らかとなってから、多くの方がピロリ菌の除菌治療を受けています。除菌治療は1週間の内服薬だけで済み、成功率も非常に高いため、既に除菌成功した方も多数いると思います。
ただし、誤解してはいけないのは「ピロリ菌の除菌に成功したから、もう胃がんにならない」わけではないことです。ピロリ菌除菌により胃がんの発生リスクは1/3程まで低下するとされています。しかし、ピロリ菌感染による長年の繰り返す胃炎により、胃粘膜の胃がんリスクは残っています。除菌時の年齢、胃粘膜の胃炎の程度、生活習慣での塩分摂取量、喫煙などで除菌後の胃がんリスクが異なります。除菌後10年経ってから胃がんが発生する方もいます。発ガンリスクが1/3に減少するものの、"ゼロ" になる訳ではありません。 除菌成功後に胃の具合が非常に良くなり胃カメラを受けなくなる方がいますが、除菌治療を受けた患者さんは毎年胃カメラによる定期検診が必要です。胃カメラは胃がんだけではなく食道がんも発見できます。胃がんや食道がんが心配であれば、やはり年1回程度は胃内視鏡検査を受けることをお勧めします。

<メモ>
ピロリ菌を除菌した後に再感染を心配している方がいます。ピロリ菌は胃の胃酸分泌が弱い乳幼児期に感染します。胃酸分泌が十分な大人になってからは感染することは通常なく、除菌後の再感染の心配はありません。ご安心ください。

胃カメラ検査について

当院では苦痛が少ない様に配慮された極細径内視鏡検査を使用します。胃カメラ検査は検診でも行われる一般的な検査ですが、早期がんや前癌病変を見逃さずに尚且つ患者さんに負担の無い様に観察するには非常に高い技術が要求されます。当院での内視鏡検査は麻酔薬を使い眠っている間に検査を行いますが、車やバイクの運転などがあり麻酔薬を希望されない方に関しては経鼻内視鏡でも対応させて頂いています。

口もしくは鼻から内視鏡を挿入して、のど(咽頭・喉頭)・食道・胃・十二指腸を観察します。「えずき」やすい患者さんには、麻酔薬を静脈投与して眠っている間に胃カメラを実施することも可能です。バリウム検査と異なり、粘膜の色調や構造変化を細かく観察できますので、炎症や潰瘍、ポリープの有無が瞬時に分かるだけでなく、小さな早期がんを発見することもできます。当院で採用している胃カメラは、極細径(先端部:5.4mm)のオリンパス社製内視鏡(GIF-1200N)です(ちなみに讃岐うどんの極太麺は5.8mmですので、イメージとしては讃岐うどんくらいの太さです)。細くても非常にきれいで明るい画質のカメラですので、見落としのない高精度の検査が可能です。異常が見つかった場合には、小さな組織を採取して病理検査を実施します。通常、胃カメラ検査にかかる時間は5〜7分程度です。

※胃カメラ・大腸カメラ両方を同じ日に続けて受けていただくことも可能です。

Copyright(C) あんどう胃・大腸内視鏡クリニック All Rights Reserved.