内視鏡内科・胃腸内科

PCF-PQ260I
器具

大腸は4つの急峻な屈曲部と約120~150cmの長さを持つ臓器で、内視鏡による検査・治療において、挿入性と受診者の負担軽減が課題となっています。「PCF-PQ260I」は、受動湾曲、高伝達挿入部の2つの新機能および細径化により、この課題解決を目指した新製品です。

詳しく見る
CF-H290I
器具

下部消化管内視鏡検査に使用するスコープです。ハイビジョン対応CCDを搭載しており、その画像は高精細です。また狭帯域光観察(NBI)機能を有しており、微細な早期病変の発見に有用です。さらにスコープの視野が、以前のスコープと比べて広がり、広範囲を観察できます。

詳しく見る
OLYMPUS UCR
器具

従来、大腸内視鏡検査では大腸を膨らませる為に空気を注入していましたが、 腸管内に充満した空気の影響で、「お腹の張り」や 「不快感」を伴いました。そこで、当院では新たに内視鏡用炭酸ガス送気装置を導入いたしました。

詳しく見る
ESG-100
器具

内視鏡手技の高度化が進む現在。治療の現場では、コンパクトさと最先端の処置性能を両立させた新しい高周波焼灼電源装置が求められているとオリンパスは考えました。

詳しく見る
OFP-2
器具

内視鏡用送水ポンプ OFP-2 診断と治療を幅広くサポートする、コンパクトな送水ポンプ。

詳しく見る
ESPAL-Ⅲ
器具

二酸化塩素による高い感染防止効果。専用消毒液セクリンの成分は二酸化塩素であり、二酸化塩素ガスが遊離状態で溶け込んだ水溶液です。二酸化塩素ガスは国際的にも日本薬局方でも滅菌ガスとして認められています。

詳しく見る
GIF-1200N
器具

先端外径5.4㎜の極細径上部消化管汎用ビデオスコープ。新型CMOSイメージセンサーを搭載し、明るく低ノイズなハイビジョン画質を実現。

詳しく見る
F37(腹部超音波診断装置)
器具

使いやすくてコンパクト。理想のカタチをシンプルにまとめました。 F37は、ルーチン検査で求められるサイズ、使いやすさ、画像性能を兼ね備えたハイスペックマシンです。

詳しく見る
Copyright(C) あんどう胃・大腸内視鏡クリニック All Rights Reserved.